FC2ブログ

Latest Entries

07/20のツイートまとめ

neosyosetu4

二人は笑ってしまいました。
07-20 08:14

なんでも、お昼ご飯を少し遅めに食べた関係で、晩御飯を食べるタイミングを逸してしまったみたいです。
07-20 09:14

ナンディは、マンディに、晩御飯を食べていくよう誘いました。
07-20 10:14

余らせていて困っているとは言いませんでした。
07-20 11:14

二人で食べる分には、少ない量だったので、自分の分は小盛りにして、マンディの分は大盛りにしてあげました。
07-20 12:14

マンディは、ナンディのカレーを美味しく頂きました。
07-20 13:14

そして、とても、褒めてくれました。
07-20 14:14

それから、マンディは、ちょくちょくナンディの家にやってきては、晩御飯を食べていきました。
07-20 15:14

ナンディは、マンディが来そうな日は、多めに作っていたりしたのですが、それが空振りに終わると、「ひぃ」と言いながら、多めのカレーを食べるしかないようになりました。
07-20 16:14

ある日、マンディは提案しました。
07-20 17:14

続きを読む

07/19のツイートまとめ

neosyosetu4

家族がいれば、分担してできるのだけど…とナンディは、しばしば考えますが、考えても仕方がないことなので、すぐに別のことを考えます。
07-19 08:14

ナンディの日々の楽しみの一つは、晩御飯にカレーを作ることと、食べることです。
07-19 09:14

朝昼は、時間の関係でモヘナ(パンのような保存食)とか、生野菜や、干し肉等々ですますことが多いのですが、晩御飯は、ゆっくりと時間をかけて、温かい物が食べれるのが、嬉しいのです。
07-19 10:14

叩度も、夜は、結構、冷えます。
07-19 11:14

干し肉を水で戻しながら、野菜を切り、祖母から受け継いだ一族に伝わるスパイスを調合しながら、毎日、自分なりのオリジナリティを模索する日々。
07-19 12:14

今日は、ちょっと辛かったから、明日はティン(スパイスの一種)を多めにしてみようか…そういうことが、ナンディの楽しみの一つです。
07-19 13:14

自分で作って、自分で作る独りカレーは、とても美味しいのですが、一つ悩みがありました。
07-19 14:14

それは、ちょっと量が多くなりがち…ということでした。
07-19 15:14

勿論、独りで食べるのですから、少なめに作るのですが、それでも、「美味しく作るにはこれくらいの量は」というラインがあります。
07-19 16:14

ご飯も、米と鍋と水の関係で、2ペナ(1合くらいの量)くらいは、炊かないと駄目で、カレーも、ご飯も、余りがちです。
07-19 17:14

続きを読む

07/18のツイートまとめ

neosyosetu4

「事情」って漢字を反対にすると「情事」ですよね(笑)。
07-18 08:14

興味を持たれた方は、是非、原文をお読みください。
07-18 09:14

「マンナン・ナンマン」というタイトルで、民明書房から発売されております。
07-18 10:14

よしなに。
07-18 11:14

ボット  昔々、叩度の南部に、ナンディという1人の若者がおりました。
07-18 12:14

彼の両親は、彼が子どもの頃に他界し、育ててくれた祖母も少し前に他界してしまったので、ナンディは、本当に1人の若者でした。
07-18 13:14

ナンディは、両親が遺してくれた、曾祖父の代から受けついできた田畑と、数頭の牛を世話をして、なんとか、日々の暮らしを過ごしていました。
07-18 14:14

貧しくはありますが、月に1度くらいは、焼き肉を食べにいける…そんなささやかな暮らしです。
07-18 15:14

なお、叩度では牛は神聖な動物なので、食べるにしても、全ての部分を頂き、骨、皮、角、ヒヅメまで、何一つ無駄にはしません。
07-18 16:14

ナンディのパンツも、牛の皮をなめしたものでした。
07-18 17:14

続きを読む

07/17のツイートまとめ

neosyosetu4

また、あなたに教えてもらった大切なことは、多くの人に受け継がれ、そして、今後も、受け継がれていくと思います。
07-17 08:14

全ての命は、繋がっている。
07-17 09:14

本当に、すみませんでした。
07-17 10:14

そして、ありがとう。
07-17 11:14

ナンディの月に1度のお墓参りも、生涯続けられました。
07-17 12:14

ナンディとマンディが食べていたカレーは、私達が食べているカレーとは、少し違ったカレーなのですが、カレーを食べた時に、ナンディとマンディのことを思い出してあげてみて下さい。
07-17 13:14

あとがき
07-17 14:14

これは叩度の昔話で、当然、叩度語で書かれています。
07-17 15:14

なので、翻訳にあたり、印象的な単語のいくつかは、原文の読みを片仮名で表記させて頂きました。
07-17 16:14

また、物語を一部、推敲、改変、しました。
07-17 17:14

続きを読む

07/16のツイートまとめ

neosyosetu4

ナンディは、それを楽しそうに聞いていました。
07-16 08:14

叩度以外の国に出店するには、色々とハードルが高いのですが、それは、現実可能な範囲にあることは、二人とも、感じていたことでした。
07-16 09:14

そうして、時は流れ。
07-16 10:14

ナンディとマンディは、夕方まで畑と牛の世話をして、夕方からカレーを二人分作り、二人で食べます。
07-16 11:14

「ナンディのカレー屋さん」のポチム(社長)は、既に、マーラの1人が受け継ぎました。
07-16 12:14

くしくも、それは、二人が最初に雇ったガラーナの息子さんなので、不思議なものです。
07-16 13:14

二人は、カチス(会長)として、一応、経営に参加してますが、あまり、あーだこーだと、口出しはしていません。
07-16 14:14

二人が築き上げた精神は、確実に、受け継がれているからです。
07-16 15:14

二人の元には、沢山のチンがあるけれど、最終的にいきついたのは、二人の最初の暮らしでした。
07-16 16:14

案外、人生は、そういうモノかな、と、二人は思います。
07-16 17:14

続きを読む

Appendix

スパイス・調味料。

姉妹ブログ。

プロフィール

マンナンナンマン。

Author:マンナンナンマン。
FC2ブログへようこそ!