FC2ブログ

Entries

08/24のツイートまとめ

neosyosetu4

また、物語を一部、推敲、改変、しました。
08-24 08:14

多くはカットです。
08-24 09:14

例えば、マンディがナンディのカレーを食べた後に、二人は、ホモ・ちょめちょめを行ったことや、ナンディは、実は、嫉妬深い男で、最初のガラーナを雇った時には、マンディとガラーナの関係に嫉妬の炎を燃えあげ、刃傷沙汰になります。
08-24 10:14

結局は、マンディは潔白だったのですが(笑)。
08-24 11:14

脇腹を縫うことになりました(笑)。
08-24 12:14

また、その癖、自分は、ザギーシの男に、ちょっとだけ良い感じになったりして、今度は、マンディが焼身自殺をしようとするのが、中盤の盛り上がりでした。
08-24 13:14

本当は、それらの恋愛要素がメインの昔話で、ラストシーンも(原文では)ナンディとマンディが、しおれた仁王様を兜合わせさせる、という内容だったのですが、児童文学には相応しくないという大人の事情でカットされることになりました。
08-24 14:14

「事情」って漢字を反対にすると「情事」ですよね(笑)。
08-24 15:14

興味を持たれた方は、是非、原文をお読みください。
08-24 16:14

「マンナン・ナンマン」というタイトルで、民明書房から発売されております。
08-24 17:14

よしなに。
08-24 18:14

ボット  昔々、叩度の南部に、ナンディという1人の若者がおりました。
08-24 19:14

彼の両親は、彼が子どもの頃に他界し、育ててくれた祖母も少し前に他界してしまったので、ナンディは、本当に1人の若者でした。
08-24 20:14

ナンディは、両親が遺してくれた、曾祖父の代から受けついできた田畑と、数頭の牛を世話をして、なんとか、日々の暮らしを過ごしていました。
08-24 21:14

貧しくはありますが、月に1度くらいは、焼き肉を食べにいける…そんなささやかな暮らしです。
08-24 22:14

なお、叩度では牛は神聖な動物なので、食べるにしても、全ての部分を頂き、骨、皮、角、ヒヅメまで、何一つ無駄にはしません。
08-24 23:14

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://neosyosetu4.blog.fc2.com/tb.php/2280-834f59bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

スパイス・調味料。

姉妹ブログ。

プロフィール

マンナンナンマン。

Author:マンナンナンマン。
FC2ブログへようこそ!