FC2ブログ

Entries

08/30のツイートまとめ

neosyosetu4

次の日から、マンディのカレー修行が始まりました。
08-30 08:14

畑と牛の世話は、二人で行い、いつもより早く家に帰った後は、カレーの修行です。
08-30 09:14

しばらくの間、マンディは無職なのですが、カレーで蓄えたチンがあったのと、ナンディの暮らしぶりは、そこそこ余裕のある貧しさだったので、そんなに、切迫したモノでは、ありませんでした。
08-30 10:14

もともと、マンディの筋が良かったのと、ナンディが手伝っていたのもあって、ナンディのカレー屋は、割とすぐに再開できました。
08-30 11:14

ブームが去る前に再会できて良かったな、と二人は思いました。
08-30 12:14

やがて、マンディ1人でも、カレーを任せられるようになりましたが、その分、お客さんも増えたので、また、考えなければならなくなりました。
08-30 13:14

二人は、人を雇うことにしました。
08-30 14:14

お客さんが増えた分、チンには、余裕があったので、人を雇っても大丈夫という判断でした。
08-30 15:14

牛と畑の世話は、夕方までナンディでやり、カレーの方は、マンディとガラーナ(アルバイト、パート、もしくはフリーター)に任せました。
08-30 16:14

ナンディは、マンディとガラーナを二人に任せるのは、少し、心配だったのですが、その心配は杞憂でした。
08-30 17:14

マンディは、ナンディの期待を裏切ることなく、良いカレーを作り続けてくれました。
08-30 18:14

ナンディは、一族秘伝のカレーが、自分の手を離れたことが、少し悲しかったのですが、これからのことを考えると、ワクワクしました。
08-30 19:14

不思議なことに、人を雇えば、お客さんが増え、そして、チンも貯まり、また、ガラーナを増やしました。
08-30 20:14

ナンディの家では、手狭になってきたので、マンディの家を改装して、店舗に変えました。
08-30 21:14

看板には、「カレー屋のナンディさん」と書きました。
08-30 22:14

ナンディは、本当は、二人の名前を屋号に入れたかったのですが、叩度では、『マンナン』という言葉は、「穢れき者は地に堕ちよ」という意味があり、また、『ナンマン』は、「犬にでも喰わせろ」という意味だったので、音の並び的に二人の名前を、看板に乗せることは、ためらわれたのです。
08-30 23:14

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://neosyosetu4.blog.fc2.com/tb.php/2286-5c5b2677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

スパイス・調味料。

姉妹ブログ。

プロフィール

マンナンナンマン。

Author:マンナンナンマン。
FC2ブログへようこそ!